平成30年度 第1回 地域ITS研究会を開催しました(2018/11/13)
平成30年度 定期総会・講演会を開催しました(2018/06/26)
平成29年度 第2回 地域ITS研究会を開催しました(2017/12/12)
平成29年度 第1回 地域ITS研究会を開催しました(2017/9/8)
平成29年度 定期総会・講演会を開催しました(2017/6/21)


平成30年度 第1回 地域ITS研究会を開催しました
日時:平成30年11月6日(火) 14:00〜16:55(受付開始13:30〜)
場所:北海道道民活動センター(かでる27) 1060会議室
(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル 10F)
会場の模様
会場の模様

[講演1]積雪環境における自動運転技術の開発
    江丸 貴紀 様
    北海道大学大学院工学研究院
    人間機械システムデザイン部門 准教授

積雪寒冷地における高齢者・交通弱者等の生活利便性の維持向上を目指した研究として、自律移動ロボットのナビゲーション(目的地到達問題)を可能とするSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)と、積雪環境下において走行可能領域を推定する画像処理技術Semantic Segmenteitionの取り組みについてご紹介いただきました。

この、積雪寒冷地域の交通弱者支援のための雪道走行を可能とする自動運転技術の開発プロジェクトは、産学官のメンバーにより研究開発グループを構成して進めているとのことです。

自動運転のレベルは0〜5に分類されていますが、法整備の他、道路環境の整備も問題として挙げられています。特に、北海道のような積雪寒冷地では雪道で可能かどうかが焦点となるとのことです。

このプロジェクトでは、積雪圧雪路面において雪塊や吹きだまり等の障害物を回避しながら30kmの自動走行を実現することを目標としているとのことです。

積雪路面のもとでは標識や路面標示等が認識できないため、ダイナミックマップを用いた自己位置推定は機能しません。このため、積雪環境下でも持続的に機能する雪道対応SLAM技術、雪道に対応可能な画像処理(セマンティックセグメンテーション)技術の他、カメラ・LiDAR・ミリ波レーダ等各種センサデータを活用した雪道対応センサーフュージョン技術について研究開発をすすめているとのことです。走行路検出ではDeep Learningを用いているとのことです。

質疑概要:

降雪時のLiDARの適用性、雪の反射強度や滑り摩擦のデータ取得、夜間のデータ取得、吹きだまりへの対応などに関する質問の他、レベル4に関する見通しや自動運転の将来像などに関する議論など、活発な質疑応答が行われました。


講演の模様1 講演の模様2
講演の模様

[講演2]美瑛町のCRMによる観光振興
    佐竹 正範 様
    美瑛町政策調整課 課長補佐(ヤフー株式会社から出向中)

美瑛町は東京から2時間の距離にあり、人口1万人の町に年間170万人の観光客が訪れる町です。「美瑛の美しい景観を守り育てる条例」を2003年に施行、「日本で最も美しい村」連合にも加盟している一方で、農家の後継者不足や、商店街の衰退も進んでおり、人口減少等による地域内消費額を補うためには多くの観光客を呼び込むことが必要という現状についてご紹介いただきました。

次いで、美瑛町のCRM(Customer Relationship Management:顧客関係性マネジメント)の取り組みについてご紹介いただきました。基本的考え方として、マーケティングデータという資産化、顧客データベースという資産化を掲げており、具体の事業として、アンケート型プレゼントキャンペーンを行い、町内200箇所にQRコード(日本語、英語、繁体字、簡体字)を設置したとのことです。このアンケート調査の結果を来訪回数×居住地、来訪回数×来訪目的、来訪回数×性年代などで分析したところ、訪問回数10回以上が23%という驚異のリピーターの存在などを確認しました。さらにマーケティングデータを全公開するため町内業者向けアンケート分析報告会を開催したとのことです。

丘のまちびえいDMO(Destination Management Organization)は日本版DMO候補法人として登録しており、4つの戦略を持ちながら観光によるまちづくりを進めています。農家や商店と協働で体験型の観光商品を開発し、レストランバスを活用した観光商品は30〜40代女性に大変好評であったとのことです。

質疑概要:

町に来ていない方へのアプローチ、10回以上来ている方の目的、外国人との言葉の壁などに関する質問の他、町内説明会の有効性などに関する議論など、活発な質疑応答が行われました。


講演の模様1 講演の模様2
講演の模様

[講演3]コネクテッドがもたらすモビリティ革命
    〜変革を求められる カーナビゲーション〜
    宮澤 浩久 様
    クラリオン株式会社 スマートコクピット戦略本部
    商品ソリューション戦略部 主管

人やモノの移動性を変えたモビリティ革命は、世界的な携帯電話の普及によってもたらされました。2010年以降は、スマートフォンが急速に普及し、これに伴い、音楽ソースはストリーミング配信へ移行し、デジタルカメラをも代替するようになりました。スマートフォンは顧客が求める多くのサービスをサポート可能なデバイスであるとのことです。

そのような中、自動車業界では、動力源、IT、利用形態などの変革が進んでいます。コネクテッドカーの外部との通信手段は、車載器に通信機器を組込んだものと、スマホを通じたものが主流となっています。また、車内エンターテイメントでは、スマホアプリと連携するものと、クラウドサービスがあり、クラリオンではクラウドサービスを重視しているとのことです。その事例として、Intelligent Voiceをご紹介いただきました。従来のカーナビの音声認識サービスは認識率が高くありませんでしたが、Intelligent Voiceはスマートフォンの技術を車載機に活用することで優れた音声認識を有しており、ユーザの利便性を向上させているとのことです。また、Smart Places Searchは、市販のナビゲーションで初めて、Google Maps Street Viewに対応し、併せてGoogleの豊富な情報の活用とオートコンプリート機能によるスムーズな目的地設定を実現したとのことです。さらに、Door to Doorナビゲーションでは、スマホとの連携を強化し、目的地や駐車場の検索や、車から降りた後の徒歩ナビも行うとのことです。

コネクテッドサービスの課題として、費用をどう確保するか、そのためのビジネスモデルは何かという点が挙げられました。

質疑概要:

純正カーナビとOEMの違い、グーグルとの連携、地図データの活用法、車をセンサとして活用する手法、SNSのシステムを入れたサービスなどに関する質問など、活発な質疑応答が行われました。


講演の模様1 講演の模様2
講演の模様





北海道ITS推進フォーラム入会のご案内
 北海道ITS推進フォーラムでは、各地で展開されているITSサービスや技術について 幅広い情報提供や意見交換を行うことを目的として、年数回 講演会や研究会を行っています。
 このうち、研究会の参加は 北海道ITS推進フォーラムの会員を対象 としていますので、 会員以外で、今回の研究会に参加を希望される方は、合わせて北海道ITS推進フォーラムへの入会をお願いします。入会方法や、北海道ITS推進フォーラムの活動等は、左メニューの「入会申し込み」をご参照願います。問い合わせは、北海道ITS推進フォーラム事務局までお願いします。



ITS子供向け冊子(ダウンロード)「さあ、未来を見に行こう・ITSで変わる暮らし」

link title
北海道の国道
北の道ナビ
札幌市 道路の整備
北海道地区道路情報
北海道交通安全協会
北の道の駅
北の道再発見
素敵な北の道
シーニックバイウェイ北海道
北の交差点
北の道リンク
札幌市公共交通情報
札幌市交通局
JR北海道
中央バス
北都交通
じょうてつバス
JR北海道バス
北海道バス協会
らくらくおでかけネット
日本航空(JAL)
全日本空輸(ANA)
AIRDO
新千歳空港ターミナル
日本長距離フェリー協会
さっぽろお天気ネット
tenki.jp((一財)日本気象協会)
気象警報・注意報(気象庁)
札幌市の冬の暮らし・除雪
札幌市消防局
北海道 救急医療・広域災害情報
  (夜間・休日当番医情報等)

内閣府防災情報
川の防災情報(国土交通省)
ようこそさっぽろ
北海道 観光局
  (北海道観光に関する施策・情報)

なまらいいっしょ北海道
  (北海道商工会連合会)

All About [北海道]
 
札幌市
札幌広域圏組合
北海道
北海道人
URL HOKKAIDO
HBC 情報カメラ
HTB ライブカメラ
STV ライブカメラ
北海道ITS推進プラン
北海道開発局
札幌のITS
北の道
  (寒地土木研究所寒地道路研究グループ)

警察庁 交通局
総務省(情報通信関連)
経済産業省
国土交通省
国土交通省道路局ITS
道路新産業開発機構(HIDO)
ITS Japan


back



あなたのホームページからリンクを張る場合には、特別な条件は設けておりませんので、
ご自由にリンクをお張り下さい。リンクに画像を用いる際は下の画像をお使い下さい。


logo

北海道ITS推進フォーラム事務局
電話 011-736-8577,FAX 011-736-8578