北海道ITS推進フォーラム(旧称札幌圏ITS推進フォーラム) 設立趣旨
 ITS( Intelligent Transport Systems ; 高度道路交通システム)は,最先端の情報通信技術や道路・車両のインテリジェント化技術を用い,人と車が道路と一体となって機能し,道路交通の安全性・効率性の飛躍的向上や環境の改善,運転する楽しさや新たな産業の創出を実現する21世紀の先導プロジェクトです. 
 警察庁・通商産業省・運輸省・郵政省・建設省の5省庁は,平成8年7月に発表した全体構想に基づき国家プロジェクトとして取り組んでいますが,平成10年11月に決定された緊急経済対策や高度情報通信社会推進本部の基本方針でも一層の施策の展開が示され,今後さらに地域ITSの推進が図られようとしています. 
 札幌圏では,平成8年4月より国道36号において開始された公共車両優先システム(PTPS)や平成9年4月より道央道・札樽道においてサービス開始となりました道路交通情報通信システム(VICS)の供用開始をはじめとして,インターネットを活用した道路情報提供や各種情報実験,寒地型ITSの研究開発などが精力的に実施されております。 
 また,3月には札幌市内におきまして、道路・交通・車両インテリジェント化推進協議会(VERTIS)と札幌圏ITS推進フォーラム設立準備会の共催で「ITSフォーラム札幌」を開催し、ITSへの関心も徐々に高まりつつあります. 
 さらに,2002年のPIARC国際冬期道路会議札幌大会など,ITSと関わりの深い国際的なイベントも数多く予定されております.
 このたび、札幌圏でITSに関係の深い産学官の諸機関や専門家の連携および地域レベルのITS推進に向けた啓発・普及,調査研究,支援協力などを目的とした組織として「北海道ITS推進フォーラム(旧称札幌圏ITS推進フォーラム)」を設立することといたしました. 
 皆様におかれましては,本フォーラムの設立趣旨をご理解いただき,ふるってご参加いただけますようご案内申し上げる次第です.

平成11年4月 

北海道ITS推進フォーラム(旧称札幌圏ITS推進フォーラム)会長
山本 強



ホームページへ